国際武道大学 附属武道・スポーツ科学研究所

プロジェクト研究

本学のプロジェクト研究は、従来は全て「研究所プロジェクト」として行われていたが、2007年度より研究所研究委員会管轄のものは武道に関する研究に特化させ、それ以外の本学の教育・研究に関するものは「大学教育研究プロジェクト」(研究統括委員会管轄)として行われることになった。

「研究所プロジェクト」は、武道に関する研究で、1)人文科学系、2)運動健康科学系、3)スポーツ科学系、4)総合(国際交流等)の分類に応じて、それぞれの柱となる特定課題研究と、一般公募研究に分かれている(2009年度は一般公募のみ)。これらの研究成果は、『武道・スポーツ科学研究所年報』に掲載されている。

「大学教育研究プロジェクト」は、武道以外で本学の教育の柱とする1)競技力の向上、2)学校体育、3)スポーツの社会振興、4)総合(国際交流、キャリア支援)を軸として、2007年度から3ヵ年のプロジェクト研究が企画された。そのうち2研究は、2008年度から大学教育にすぐに反映させるべく学長直轄となり、2009年度には単年度の一般公募研究も設けられた。これらの研究成果は、『国際武道大学研究紀要』に掲載される予定である。

プロジェクト研究を基礎として、文部科学省の平成19年度「特色ある大学教育支援プログラム」(特色GP)に選定されたものや、科学研究費の基盤研究(A)、(B)、(C)などに採択されたものがある。

2010年度からのプロジェクト研究は、大学の教育・研究の基本方針を「1. 武道、2. 競技力の向上、3. 学校教育、4. スポーツの振興」として、1.は研究所プロジェクトで、2.以下は大学教育研究プロジェクトで、基本的には3年間の研究とし、その他は単年度の一般公募とすることにした。基本方針に合致し、研究成果を学内外に積極的に発表し、科研費等にも応募することを条件として広く公募し、申請書類を研究所委員会及び研究統括委員会で審査して採用を決定した。
2010年度から、研究所は変わらないが、研究統括センターは研究支援センターとなり、研究統括委員会は研究支援委員会となるが、本学の教育・研究活動を積極的に支援していきたい。

2011年度は、既定の3年間のプロジェクト研究に加えて、単年度の一般公募研究として、研究所プロジェクトで2件、大学教育研究プロジェクトで1件の採用を決定した。
2011年7月に学内研究発表会を開催し、2010年度のプロジェクト研究成果の発表と討議が行われた。

2012年度は、既定の3年間のプロジェクト研究(最終年度)に加えて、単年度の一般公募研究として、研究所プロジェクトで3件、大学教育研究プロジェクトで1件の採用を決定した。

2013年度は、大学の教育・研究の基本方針を継続し、単年度で公募、研究所プロジェクトで3件、大学教育研究プロジェクトで4件(内、一般公募1件)の採用を決定した。

2014年度は、大学の教育・研究の基本方針を継続し、単年度で公募、研究所プロジェクトで4件、大学教育研究プロジェクトで11件(内、一般公募5件)の採用を決定した。

2015年度は、大学の教育・研究の基本方針を継続し、研究期間を上限3年とし公募、研究所プロジェクトで3件、大学教育研究プロジェクトで5件の採用を決定した。

2016年度は、大学の教育・研究の基本方針を継続し、研究期間を上限3年とし公募、研究所プロジェクトで6件、大学教育研究プロジェクトで5件の採用を決定した。

2017年度は、大学の教育・研究の基本方針を継続し、研究期間を上限3年とし公募、研究所プロジェクトで5件、大学教育研究プロジェクトで6件の採用を決定した。

2018年度は、大学の教育・研究の基本方針を継続し、研究期間を上限3年とし公募、研究所プロジェクトで5件、大学教育研究プロジェクトで8件の採用を決定した。

2019年度は、「武道・スポーツ科学研究所プロジェクト研究」として公募要領を一新し、11件の採用を決定した。研究領域はⅠからⅣの4つになり、研究期間を1年間とした。複数年にわたる研究テーマや計画の必要性は認めるが、プロジェクトとしての位置づけは1年間とした。
Ⅰ.武道・スポーツに関与する研究
 ①武道、保健体育科教育、スポーツに関する研究
 ②課題研究
  A.武道の体系化の可能性に関する研究
  B.障がい者スポーツや女性スポーツに関する研究
Ⅱ.大学教育に関与する研究
 FD、学士課程教育(初年次教育・高大接続・入試等)、国際化推進、学生支援(学習障害・留学生・キャリア
 教育等)など、大学教育全般の幅広い分野に関する研究
Ⅲ.科研費等外部研究資金獲得に関連する研究
 ①科研費...当該年度科研費への応募支援(不採択となった研究課題が対象)
 ②他の応募研究...応募中もしくは再応募に向けての準備支援
Ⅳ.研究活動企画の推進
 幅広いテーマに関する研究活動の企画公募
 ①学内研究会活動    ②講演会・シンポジウム等の開催    ③産官学連携企画
 ④学会や研究集会等の誘致(準備活動含む) ⑤学会等におけるセミナー・ワークショップ開催など

2020年度は、昨年度のプジェクト研究の基本方針を継続し、8件の採用を決定した。

以下、今年度と過去2年間分のプロジェクト研究課題を掲載いたします。

2020年度 武道・スポーツ科学研究所プロジェクト研究

  課題名 分類 研究組織(○代表者  共同研究者)
1 持続的なレジスタンストレーニングがラット長母指屈筋におけるエネルギー代謝関連タンパク質の発現・活性化に及ぼす影響 Ⅰ.武道・スポーツ ○刈谷文彦 *菅野泰路 *船戸淳矢
2 武道における安全対策
〜剣道競技の救急対応に関する対応策の検討〜
Ⅰ.武道・スポーツ
○山本利春  笠原政志 清水伸子 岩切公治
上宇都鉄舟 森田秀一 寺中雄希 佐野颯斗
木村征太郎 
3 地域における健康・体力づくりの企画と実践・成果 Ⅱ.大学教育 ○小西由里子  井上哲朗  立木幸敏
刈谷文彦 森実由樹  吉嶺真  
谷口有子 見波 静 宮本瑠美 水島諒子
三浦アサ子 鶴岡加奈 鶴岡孝一
4 大学教育におけるスポーツトレーナーの知識・技術を有した保健体育教員養成
~救急対応と予防対応の知識・技術を習得した教員養成に向けて~
Ⅱ.大学教育 ○笠原政志 山本利春 清水伸子
5 新入生を対象としたメディカルチェックにおける動作評価の導入
-スポーツ傷害の予防を目的とした効果的な運動機能評価について-
Ⅱ.大学教育 ○森実由樹  山本利春  笠原政志 清水伸子
森田秀一 寺中雄希 佐野颯斗 木村征太郎
6 トレーナーに必要な資質(知識や技術、役割)を広く伝える試み
―本学の特色を活かしたスポーツ活動の安心安全の普及活動―
Ⅳ.研究活動企画の推進 ○山本利春  笠原政志  清水伸子  森実由樹
7 学生によるアスリートサポートシンポジウムの開催 Ⅳ.研究活動企画の推進 ○森実由樹  山本利春  笠原政志 清水伸子
有賀誠司 小山猛志 森田秀一 寺中雄希
佐野颯斗 木村征太郎

2019年度 武道・スポーツ科学研究所プロジェクト研究

  課題名 分類 研究組織(○代表者  共同研究者)
1 レジスタンストレーニング開始時期の違いがラット長母
指屈筋における筋タンパク質合成シグナル経路の関連タ
ンパク質発現に及ぼす影響
Ⅰ.武道・スポーツ ○刈谷文彦 菅野泰路 船戸淳矢
2 遅発性筋肉痛を伴う激運動後のリカバリーを目的とした
ハイドロセラピーの活用
Ⅰ.武道・スポーツ ○笠原政志 山本利春 清水伸子 西山侑汰
3 体育系大学におけるスポーツ傷害調査システムの構築 Ⅰ.武道・スポーツ ○清水伸子 山本利春 笠原政志
森実由樹 津田好貴 森田秀一
寺中雄希 佐野颯斗
4 スポーツ選手の体力測定評価システムの構築 Ⅰ.武道・スポーツ ○森実由樹 山本利春 笠原政志
清水伸子 津田好貴 森田秀一
寺中雄希 佐野颯斗
5 カリキュラムマネジメント活用による保健体育教科教材
に関する研究
Ⅰ.武道・スポーツ ○土居陽治郎 髙坂正治 川合英介
太田順康
6 研究所資料保存室の蔵書類の有効活用化に関する研究 Ⅰ.武道・スポーツ ○田中 守 土居陽治郎 石井兼輔
立木幸敏 丸橋利夫 髙坂正治
原田隆次 魚住孝至 松尾牧則 
7 中学校体育武道必修化充実に伴う複数種目の武道指導に
関する研究
Ⅰ.武道・スポーツ ○石井兼輔 丸橋利夫 立木幸敏
矢﨑利加 髙坂正治 荒川尊祐
太田順康 石川美久 土居陽治郎
出口達也 三藤芳生
8 地域における健康・体力づくりの企画と実践・成果 Ⅱ.大学教育 ○小西由里子 井上哲朗 立木幸敏
刈谷文彦 森実由樹 谷口有子
見波 静 宮本瑠美 水島諒子
三浦アサ子 鶴岡加奈 鶴岡孝一
9 健康生成論に基づく教職課程学生のメンタルヘルスと教
員資質能力に関する縦断的検討
Ⅱ.大学教育 ○浅沼 徹 中西 純 佐藤記道 山田良徳
10 子どもの採食は発育にどのように影響するか Ⅱ.大学教育 ○中西 純
11 学内医科学サポートを通じた学生トレーナー教育
―スポーツ活動中の熱中症予防対策と体育系大学の救急
体制の強化―
Ⅱ.大学教育 ○山本利春 笠原政志 森実由樹
清水伸子 津田好貴 寺中雄希
森田秀一 佐野颯斗

2018年度 研究所プロジェクト

  課題名 分類 研究組織(○代表者  共同研究者)
1 発育がラット内側腓腹筋の表層部および深層部の形態的・
機能的特性に及ぼす影響
研究所施設の利用 ○刈谷文彦  立木幸敏
2 スポーツ選手の体力測定評価システムの構築 研究所施設の利用 ○森実由樹  山本利春  井上哲朗
 笠原政志  清水伸子
3 研究所資料保存室の蔵書類の有効活用化に関する研究 武道文化 ○田中守  土居陽治郎  石井兼輔
 立木幸敏  丸橋利夫  髙坂正治
 原田隆次
4 弓道における「会」の生体工学的研究 武道科学 ○原田隆次
5 柔道家にとって海外で有用な英語表現集の作成 一般公募 ○越野忠則  望月好恵

2018年度 大学教育研究プロジェクト

  課題名 分類 研究組織(○代表者  共同研究者)
1 学内医科学サポートを通じた学生トレーナー教育 スポーツ科学 ○山本利春  笠原政志  森実由樹
 清水伸子
2 大学サッカーチームの競技力向上と傷害予防を目的とした
コンディショニングサポート戦略
スポーツ科学 ○西園聡史  山本利春  笠原政志
 森実由樹 *大内洋
3 体育大学におけるスポーツ傷害調査と傷害予防へ向けた取り組み
~学生トレーナー及び学生アスリート教育として~
スポーツ科学 ○清水伸子  山本利春  笠原政志
 森実由樹  西山侑汰
4 2020年東京パラリンピックに向けた
大学運動部活動参画支援に関する研究
スポーツ振興 ○廣瀬恒平  木村寿一  土居陽治郎
5 「地域における健康・体力づくりの企画と実践・成果」 スポーツ振興 ○小西由里子  井上哲朗  立木幸敏
 刈谷文彦  森実由樹  谷口有子
 見波 静  山本一美  渡邊浩子
 鶴岡孝一
6 勝浦の地を活かしたヘルスツーリズム型
コンディショニングサポートの有効性の検討
スポーツ振興 ○笠原政志  山本利春  中西 純
 清水伸子  村上大介 菰田和徳
 大久保利宏  有田秀穂
7 体育・スポーツ系学部向けのキャリア教育教材の開発 一般公募  ○土居陽治郎
8 体育大学におけるクラブ主体の学習支援・
キャリア学習支援の事例構築
一般公募 ○望月好恵  小野荘二郎  皆川孝昭
 佐藤信明  福岡禎之

このページの先頭へ