大学案内

ハラスメント防止ガイドライン

ハラスメント(嫌がらせ)とは?

本学におけるハラスメント(嫌がらせ)とは、性別、社会的身分、人種、国籍、信条、年齢、職業、身体的特徴等の属性あるいは広く人格に関わる事項等に関する言動によって、相手方に不利益や不快感を与え、あるいはその尊厳を損なうことをいいます。
本ガイドラインは、大学における優越的地位や指導上の地位、職務上の地位、継続的関係を利用して、相手方の意に反して行われ、就学就労や教育研究環境を悪化させるハラスメント一般を取扱います。大学におけるハラスメントとしては、性的な言動によるセクシュアル・ハラスメント、勉学・教育・研究に関連する言動によるアカデミック・ハラスメント、優越的地位や職務上の地位に基づく言動によるパワー・ハラスメント、アルコール飲料を強要するアルコール・ハラスメントなどがあります。

ハラスメントの種類

(1) セクシュアル・ハラスメント

(1) 教育、研究、指導、助言、雇用、管理その他の大学内での活動への参加や就学就労の条件として、性的な要求をしたり、性的な言動を甘受させる場合。
(2) 性的な要求や言動を拒否することや甘受することが、当該個人の成績評価や卒業判定または昇進昇給等の人事考課の基礎として利用される場合。
(3) 性的要求や言動が、個人の職務遂行を不当に阻害し、不快感を与え、就学就労や教育研究環境を著しく害する場合。

セクシュアル・ハラスメントには、性的な言動に対する相手方の対応により、教育研究条件、労働条件に不利益を受けるもの(対価型セクシュアル・ハラスメント)と、当該性的な言動により就学就労、教育研究環境が害されるもの(環境型セクシュアル・ハラスメント)があります。

(2) アカデミック・ハラスメント

教員等の権威的または優越的地位にある者が、意識的であるか無意識的であるかを問わず、その優位な立場や権限を利用し、または逸脱して、その指導等を受ける者の研究意欲および研究環境を著しく阻害する結果となる、教育上不適切な言動、指導または待遇を指します。
例えば、教員と大学院生および学生の間であれば、指導教員からの退学・留年の強要、指導拒否、指導上の差別行為、学位の取得妨害、就職上の指導差別、公平性を欠く成績評価などが考えられます。より具体的には、昇任審査、学位審査および研究指導において、特定の者を他の者と差別して、必要以上に厳しい条件を課すこと、指導を超えて人格を否定するような言動を繰り返すことなどが考えられます。

(3) パワー・ハラスメント

同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。
ただし、パワーハラスメントは、上司から部下への行為に限ったものではなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものもあります。そのため、上記の「職場内の優位性」には、「職務上の地位」に限らず、人間関係や専門知識など様々な「優位性」も含まれています。
また、職務上のパワーハラスメントは、あくまで、「業務の適正な範囲」を超えるものが対象になります。受け止め方によっては不満を感じたりする指示や注意・指導があったとしても、これらが「業務の適正な範囲」で行われている場合には、パワーハラスメントには当たりません。

(4) アルコール・ハラスメント

アルコール飲料に絡む嫌がらせ全般を指す言葉で、アルコール類の多量摂取の強要など対人関係の問題や、酩酊状態に陥った者が行う各種迷惑行為などの社会的なトラブル(迷惑行為)を含みます。

(1) 上下関係・部の伝統・集団によるはやしたてなどといった形で心理的な圧力をかけ、飲まざるをえない状況に追い込むこと(飲酒の強要)。
(2) 場を盛り上げるために、イッキ飲みや早飲み競争・罰ゲームなどをさせること。「イッキ飲み」とは一息で飲み干す事。早飲みと同じ(イッキ飲ませ)。
(3) 本人の体質や意向を無視して飲酒をすすめる、宴席に酒類以外の飲み物を用意しない、飲めないことを侮辱する、など(飲めない人への配慮を欠くこと)。
(4) 酔ったうえでの暴言・暴力、ひんしゅく行為、セクハラ(酔ってからむこと)。
(5) その他上記以外のハラスメント

加害者にならないために!

ハラスメントとは、本人が意図したかどうかにかかわらず、相手に不快感を与える言動によって、相手を傷つけることです。即ち、その言動を受け止める相手の感じ方によって判断されますから、勝手な思い込みを避けなければなりません。
相手の人権を侵害していないかどうか、常に相手の立場に立って考えることが大切です。

もし、加害者になってしまったと思った時は、1人で悩まずに相談しましょう!

例)
・本人はハラスメントをしたつもりがないのに、相手に訴えられた。
・自分の言動によって相手を傷つけたと感じ、後悔している、など。

被害者にならないために!

嫌だと感じた時には、はっきりと「イヤだ」と言いましょう。
(意思表示をしないと、相手は都合よく解釈するかもしれません。)

被害者となってしまったら!

自分を責めたり、我慢をするのはやめましょう。
信頼できる人に相談しましょう。
大学の窓口に相談してみましょう。

大学の対処方法

専門部署を設置し、ハラスメント相談を受付けます。
オリエンテーション期間内にハラスメント防止ガイドラインの説明を行います。また、図書館にハラスメント防止関連ビデオ・書籍を設置し、全学生・教職員の意識向上を促します。

相談窓口

学生用窓口

○教務課(1号館1階)
○学生支援センター(1号館2階)
○学生相談室(9号館5階)
○健康管理センター(附属武道・スポーツ科学研究所1階)

教職員用窓口

○総務課(1号館1階)
○学長室企画課(1号館5階)

このページの先頭へ