大学案内

公的研究費の不正防止への取り組み

国際武道大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)に基づき、公的研究費の責任体系の明確化ならびに情報の伝達を確保する体制の確立について、下記のとおり公表します。

機関内の責任体系の明確化

科学研究費補助金などの公的研究費の管理責任体系を定めました。

最高管理責任者

・職名 学長
・責任と権限 国際武道大学全体を統括し、公的研究費の運営・管理について最終責任を負う。また、以下の統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者が責任を持って公的研究費の運用・管理が行えるよう、適切にリーダーシップを発揮しなければならない。

統括管理責任者

・職名 副学長
・責任と権限 最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について本学を統括する実質的な責任と権限を持つものとする。

コンプライアンス推進責任者

・職名 体育学部長及び附属研究所長
責任と権限 統括管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について実質的な責任と権限を持つものとする。

適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

本学における公的研究費の適正な使用を維持し、不正使用の防止のために教職員が遵守すべき行動規範を定めています。

本学における公的研究費について適正な運営・管理を行うため、「国際武道大学における公的研究費の取扱いに関する規程」を定めています。

本学における公的研究費の執行について明確かつ統一的な運用を図るため、学内使用ルールを定めています。

不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

本学における公的研究費の使用に係る不正発生要因を把握し、その対応を取りまとめた「不正防止計画」を策定しています。最高管理責任者は、不正防止計画の策定や実施を基に、違法行為や不正が行われないように組織内部をまとめ、適正に運営及び管理を行います。

情報の伝達を確保する体制の確立

<公的研究費相談窓口>

科学研究費補助金などの公的研究費の事務処理手続き及び使用に関する相談窓口を設置しました。

○ 公的研究費の公募・申請に関する相談窓口・・・〔研究支援センター事務室〕
○ 公的研究費の予算の執行及び経理に関する相談窓口・・・〔総務課〕及び〔会計課〕

<公的研究費不正通報窓口>

科学研究費補助金などの公的研究費を本来の用途以外に使用したり、虚偽の請求を行ったりすることなど公的研究費の不正使用に関する通報を学内外から受け付けるため、公的研究費不正通報窓口を設置しました。

○ 通報窓口 研究支援センター事務室(附属武道・スポーツ科学研究所2階)
電話: 0470-73-4170
FAX: 0470-73-4148
電子メール: kenkyujo@budo-u.ac.jp
住所: 〒299-5295 千葉県勝浦市新官841番地
※電話による受付時間は平日9:00~17:00

研究費の適正な運営・管理活動

「国際武道大学における公的研究費の取扱いに関する規程」に基づき、公的研究費に係る不正な取引・癒着を防止するため、取引の発生する業者には誓約書の提出を求め、不正に関与した業者に対しては取引停止を含めた厳正な対処を行います。
※誓約書の提出は1回のみです。研究支援センター事務室へご提出ください。

モニタリングの在り方

公的研究費の適正な運営・管理を徹底するため、内部監査マニュアルを策定しました。監査の質を一定に保つと供に、実効性のあるモニタリング(監視)を行います。

このページの先頭へ