キャンパスライフ

キャンパスマップ

環境と調和の中で 武道・スポーツの道を知る

自然の中に立地するキャンパスには、20周年記念9号館をはじめ、充実した武道・スポーツ関連施設・コンピュータルーム・500名を収容する大教室、体育全般に関わる専門資料と武道関係の資料を誇る図書館など、充実の教育・研究・実習施設が整っています。

1号館

500人教室、情報処理教室、5階LL教室

大学の心臓部とも言える建物で、理事長学長室、各事務局などの運営機関が集まっています。また、教員研究室や500人を収容できる大教室、250人教室・100人教室、演習室の他、語学教育のためLL教室、最新鋭のコンピュータ46台を備えた情報処理教室などもあります。

Googleストリートビューはこちら

2号館

柔道場、剣道場、多目的道場、トレーニングルーム

本学のシンボル。2階建てで延床面積は、約4000平方メートル。1階は、多目的道場・トレーニングルーム・更衣室・シャワー浴室などを完備し、2階は、それぞれ400畳敷きの、柔道場と剣道場となっています。

Googleストリートビューはこちら

3号館

体育館、ランニングコース

多目的に利用できる最新鋭設備を持つ体育館で、バスケットボールコートなら2面、バレーボールコートなら3面をとれる広さがあり、2階には、ランニングコースも完備されています。各種競技の練習やゲームだけでなく、さまざまな式典会場としても利用されています。

Googleストリートビューはこちら

4号館・附属図書館

食堂、附属図書館

1階は、500席の大食堂と売店、談話室が用意されています。2階の附属図書館内には学生が自由に使えるPC20台が設置されたパソコンルームや、無線LANが整備されており、インターネットでの資料収集やレポート作成等に利用されています。

附属図書館Googleストリートビューはこちら

5号館

25メートル温水プール、体操場、アリーナ

1・2階は、温水プール(25メートル・6コース)とオリンピック規格の器具およびピット設備を備えた体操場になっています。3階は、160人教室、300人教室、多目的教室があります。4階には、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、バドミントンなど、各種競技に対応できるアリーナがあります。

Googleストリートビューはこちら

6号館

レスリング場、畳道場

各種武道に対応できる道場と、広いスペースが必要になる演習、各種セミナーなど、多目的に活用できるスペースがあります。

Googleストリートビューはこちら

7号館

柔道場、剣道場

三角形の大きなファサードが印象的な建物。丘陵地の段差が生かされた2階建てで、各階には、それぞれ300畳の広さを持つ柔道場と剣道場があります。

Googleストリートビューはこちら

8号館

院生自習室、教室

武道・スポーツ科学研究所に隣接する建物で、ビデオプロジェクタなどの最新鋭設備を備えた各種教室と、教員研究室があります。大学院の授業は、主にこの建物で行われます。

Googleストリートビューはこちら

20周年記念9号館

フィットネストレーニングルーム、ストレングストレーニングルーム、アリーナ、学生相談室、学生用ラウンジ、学友会室、教室、学生自習室

この9号館は、国際武道大学創立20周年記念事業の一環として、クラブ強化並びに教育研究の充実を目的として建設されました。

地下1階にはアリーナ、ストレングストレーニングルームがあり、1階にはフィットネストレーニングルーム、学生用ラウンジがあります。4階には無線LANを備えた学生自習室があります。また、5階には学生相談室があり、多くの学生・院生が活用している施設です。

Googleストリートビューはこちら

附属武道・スポーツ科学研究所

リコンディショニング室、体力測定室、保健・心理学研究室、解剖・組織学研究室、生化学・栄養化学研究室、運動学研究室、資料保存室、プロジェクト研究室、健康管理センター他

1986年に(財)日本武道館によって設立され、1995年に本学に移管譲渡された施設で、各種の研究室・実験室等があります。武道・スポーツの人文科学的・自然科学的研究や各種プロジェクト研究が行われ、関連する授業や演習、大学院教育にも活用されています。
本研究所は、本学の研究統括センターも兼ねているため「附属武道・スポーツ科学研究所」詳細ページには、「設立の経緯と歴史」、「実験室等の紹介」、「プロジェクト研究」、「関連するセミナー・学会」、「国際武道大学研究紀要」、「研究所年報」、「『武道論集』等」、「研究論文・資料紹介」の8項目で、本学の研究活動を紹介しています。

附属武道・スポーツ科学研究所Googleストリートビューはこちら

松前記念国際交流会館 松前記念館

「武道精神」で世界との交流を目指した 故・松前重義博士の遺志を引き継ぐため、1994年に建設された、本学の国際交流の拠点です。鉄筋コンクリート3階建て、延べ床面積約2,000平方メートルの建物内には、別科生、研修生の宿泊施設の他、松前博士の業績を顕彰する展示室「松前記念館」があります。

Googleストリートビューはこちら

峯山研修所

大学の教職員並びに学生の福利厚生施設で合宿、懇親会などによく利用されています。大学から徒歩で5分ほどの場所にあり、3階建てで、1階は、研修室が2部屋、食堂、大浴場があり、2・3階は、宿泊室が7室完備されています。

Googleストリートビューはこちら

陸上競技場

陸上競技場の面積は29,021平方メートルで、(財)日本陸上競技連盟第3種公認の全天候型陸上競技場。夜間照明完備。トラックは400メートル・8コース。フィールドは跳躍種目、投てき種目用設備を備えています。また、授業及び記録会での使用はもちろん、地域小中学校での陸上競技大会にも利用されています。

Googleストリートビューはこちら

サッカー場

サッカー場の広さは縦105メートル×横68メートルで7,140平方メートルの面積を有し、関東の大学では人工芝のサッカー場として初の日本サッカー協会公認のサッカー場となりました。

芝はフィールドターフという人工芝を使用し、適度な衝撃吸収性により、選手の骨や筋肉の負担を軽減します。滑りの良い人工芝であるため摩擦を減らし火傷や擦傷を防ぐ安全性の高い特徴を持っています。天然芝に近くボールコントロールのしやすい人工芝です。また、設備としては、夜間照明、司令塔、観客席(224席)、練習設備(シュート板等)得点板等を備えています。

Googleストリートビューはこちら

ラグビー場

授業では、ラグビー並びにソフトボールで主に使用しています。クラブではラグビー部が練習で使用していて、夜間照明も完備しています。

Googleストリートビューはこちら

松前達郎記念球場

野球場の広さは、両翼95メートル、センター120メートル。
球場のほかに内野が入る大きさの人工芝グラウンド、ブルペン、バッティングブース、教室などが備わった屋内野球練習場があります。

また、屋内野球練習場別棟にはトレーニングルームも完備しています。

Googleストリートビューはこちら

テニスコート

ハードコートが2面あり、授業やクラブ活動で使用しています。

Googleストリートビューはこちら

このページの先頭へ