学部・大学院

武道学科

日本の武道を学び、世界の武道を切り拓く

戦いのための武術から教育手段へと変化してきた、日本固有の伝統文化である"武道"を学ぶ「武道学科」。競技者として、指導者として、社会人として、武道を通した学びを現代社会の中で活かしていく方法を探究します。
武道学科では、武道の持つ伝統文化的側面、競技的側面、教育的側面の探求を心がけた学修を通して、みなさんに「自分づくり」をしてほしいと考えています。今、社会では「前に踏み出す力」「考えぬく力」「チームで働く力」といった"社会人基礎力"を備えた人材が求められています。こうした力は、単に必要単位を取得すればいいという考えでは身につけません。「自信とは何なのか?」「武道に対する思いをカタチにするためには、どのように行動するのか?」を考えながら学びの幅を広げることで「自分づくり」が始まるのです。武道で社会を豊かにする人材になるために、実践を通じた総合力を身につけてください。

武道専修コース

武道専修コース

専門とする武道種目を軸に、「術」を超えた「道」の精神を追求し、武道枝術の研究や研績を積み、競技力向上を図るとともに、実践的場面で応用できる技能や知識を有し、最大限のパフォーマンスを発揮できる人材の養成を目指します。また、パフォーマンス向上のためのトレーニングやコーチングに関する知識・技法の教授・指導ができる力を養います。

進路例:
プロ競技選手、実業団 他

主な授業:
スポーツ戦略論I,II、専門実技I,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ

ページの先頭へ戻る

武道教育コース

武道教育コース

学習指導要領における武道の位置づけを理解すると同時に、中学校の武道必修化に伴い、武道を通して、学校における保健体育教育を中心とした技術・理論を習得させることができる人材を育成します。さらに、武道の伝統的な考え方を理解させ、相手を尊重する態度や作法を体得させることができる人材の養成を目指します。

進路例:
教員、公務員、大学院進学 他

主な授業:
武道指導・評価法、武道指導と安全、比較武道文化論、安全教育

ページの先頭へ戻る

武道国際普及コース

武道国際普及コース

武道が、武技、武術などから発生した我が国固有の文化であることを自覚し、武道の成り立ちや歴史、文化などを幅広く学び、日本の伝承文化としての正しい武道をさらに発展させていくことを目標としています。目指すのは、国内外や地域のみならず、国際的に武道を普及させることにより、武道を通して社会を豊かにできる人材の養成です。

進路例:
教員、公務員、JICA 他

主な授業:
武道国際交流論、比較武道文化論、国際社会とスポーツ、スポーツマネジメント

ページの先頭へ戻る

武道健康福祉コース

武道健康福祉コース

健常者の視点だけでなく、障がい者や高齢者などの視点から武道に接し、体験し、学ぶことにより、 武道を通した健康づくり社会の発展において、リーダーシップを発揮できる人材の育成を目指します。健常者、障がい者及び高齢者といった概念を超越した、成熟社会の実現に寄与できる力を身につけることを目標としています。

進路例:
健康産業、介護福祉、健康施設職員、公務員 他

主な授業:
東洋の武術、健康体力づくり運動指導理論と実践、伝統的健康論、リハビリテーション論

ページの先頭へ戻る

武道経営コース

武道経営コース

道場、武具店などの経営者及び公共の武道館の指定管理者等として、企画から管理・運営に至るまでの総合的マネジメント能力を備えた人材の養成を目標としています。また、武道の発展及び普及を具現化させるためのマネジメント思考や実践力を養い、地域に根を張り、武道で社会に貢献していける力を身につけていきます。

進路例:
道場経営、武道具店経営、武道館職員、スポーツ産業 他

主な授業:
道場経営論、武道施設・用具論、組織のリスクマネジメント、比較武道文化論

ページの先頭へ戻る

安全社会コース

安全社会コース

現代社会における治安維持・安全確保を考えた場合、武道との結び付きが強いことに着目し、安全社会を構築するための武道の役割を理解することを目指します。また、護身術としての武道の普及や、平和で安全な社会の実現に寄与する人材を養成することを目標としています。

進路例:
警察官、刑務官、消防官、警備保障会社 他

主な授業:
安全社会構築論・実習I,Ⅱ、組織のリスクマネジメント、武道指導と安全、救急処置法(含む実習)

ページの先頭へ戻る

このページの先頭へ