大学案内

沿革

国際武道大学は、1984年に千葉県勝浦市に開設され、国際的に活躍できる日本武道の内外の指導者を育成し、国際社会及び地域社会において指導的役割を果たし得る人材を養成することを目的として歩み続けています。

1979年
12月
(財)日本武道館会長として、武道を通じた国際交流を熱心に推進した松前重義は、国際的に活躍できる指導者の育成等の必要性を痛感し、国際武道大学の設立構想を提唱、(財)日本武道館常任理事会において、千葉県勝浦市に国際武道大学の設置を決議
1980年
1月
勝浦市議会において、国際武道大学誘致のため9万9,000平方メートルの土地を無償提供することを全会一致で決議
1981年
4月
(財)国際武道大学設立準備財団の設立認可
1983年
1月
国際武道大学新築工事起工式を挙行
12月
学校法人国際武道大学の設置認可
1984年
4月
国際武道大学の開学式及び第一期の入学式を挙行
6月
4号館(図書館・食堂棟)の増築工事及び5号館(教室・屋内プール・体育場・体操場)の新築工事に伴う地鎮祭を挙行
9月
全天候型陸上競技場(第3種公認)及びテニスコート2面完成
1985年
6月
4号館の増築及び5号館が完成
5号館屋内プール開きを挙行
10月
勝浦市芳賀台に野球場が完成
1986年
9月
(財)日本武道館の武道科学研究センターが大学敷地内に完成
1987年
4月
6号館(講義棟)が完成
8月
7号館(第2武道館)が完成
1988年
3月
第1回卒業式を挙行
1991年
3月
8号館(講義・研究棟)が完成
9月
松前達郎理事長(第2代)に就任
10月
創立者松前重義博士の銅像を建立
1993年
10月
創立10周年記念式典及び祝賀会を挙行
1994年
4月
別科(武道専修課程)を設置
9月
松前記念国際交流会館が完成
1995年
6月
(財)日本武道館より武道科学研究センターを受贈
12月
大学院武道・スポーツ研究科の設置が文部大臣より認可される
1996年
4月
大学院武道・スポーツ研究科を開設
11月
野球場に雨天練習場が完成
1997年
4月
峯山研修所を開設
2001年
4月
スポーツトレーナー学科、国際スポーツ文化学科を開設
2003年
8月
オーストリア・ウィーンの松前武道センター内に国際武道大学ヨーロッパ事務所を開設
9月
野球場管理棟が完成
10月
創立20周年記念式典及び祝賀会を挙行(於:勝浦)
創立20周年記念祝賀会を挙行(於:東京)
2004年
10月
サッカー場(JFA公認)が完成
2007年
4月
20周年記念9号館(講義・研究棟・トレーニングルーム)が完成
2008年
9月
人工芝ラグビー場が完成
2013年
4月
武道学科(6コース)及び体育学科(8コース)の2学科体制へ改組
10月
創立30周年記念式典及び祝賀会を挙行
松前達郎記念球場・屋内野球練習場が完成

このページの先頭へ