国際武道大学 附属武道・スポーツ科学研究所

国際武道大学 附属武道・スポーツ科学研究所

設立経緯と歴史

1986年6月に日本武道館によって本学の隣接地に「武道科学研究センター」として設立されました。1995年10月に日本武道館から譲渡され、「国際武道大学 附属武道・スポーツ科学研究所」として開設されました。

実験室等の紹介

研究所内の各実験室や設備等を紹介しています。

プロジェクト研究

大学の教育・研究の基本方針である「1. 武道」、「2. 競技力の向上」、「3. 学校教育」、「4. スポーツの振興」に基づき、1.は研究所プロジェクト、2.以下は大学教育研究プロジェクトとして基本的に3年間の期間でそれぞれ研究活動が行われています。

関連するセミナー・学会

日本武道学会、日本バイオメカニクス学会、日本道徳学会、日本体力医学会やセミナーなどの開催に当施設が利用されています。

国際武道大学研究紀要

本学の研究紀要を紹介しています。

研究所年報

本学の「武道・スポーツ科学研究所年報」及び「研究センター年報」を紹介しています。

『武道論集』等

『武道論集』第1集~第3集、「IBU BUDO SERIES」VOL.1、VOL.2を紹介しています。

研究論文・資料紹介

武道に関係する論稿・資料を紹介しています。

研究倫理に関する取組

本学における適正な研究活動の保持及び研究活動上の不正行為の防止並びに不正行為が生じた場合における適正な対応等に関する規程を定めています。

このページの先頭へ