国際武道大学 附属武道・スポーツ科学研究所

実験室等の紹介

B101号室 第2リコンディショニング室

  • フリーエクササイズスペース
    フリーエクササイズスペース
  • エアロビックエクササイズスペース
    エアロビックエクササイズスペース
  • マシンエクササイズスペース
    マシンエクササイズスペース

主なスタッフ

責任者
山本 利春(ATマスター、SCC)

共同研究者
笠原 政志(AT、SCC)、清水 伸子(SCC)、各専門職員(AT、SCC)、大学院生

※AT:日本体育協会公認アスレティックトレーナー
※SCC:NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト

概要

研究センター開設当初は、運動生理学研究室で、エルゴメーターなどが揃えられ、各種実験が行われていた。またB102、B103と連動してトレーニング関係の実験のほか、運動生理学や体力測定関係の教育など、多目的実験室としても使われていた。

2006年にトレーニング専用施設・機器を備えた9号館が建てられ、トレーニング関係の機器がそちらに移されて以降、利用者が多くて手狭になっていた1階のリコンディショニング室と合わせて同じ機能を備えた第2リコンディショニング室となして、1階104と連動して利用できるように、徐々にその設備を整備している。2008年からは、リコンディショニングの中でも特に、アスレティックリハビリテーションの最終段階を目的としたアスレティックトレーニングができるスペースとした活用している。

主な設備機器

トレッドミル、各種フリーモーションマシン、パワーマックスV、スクワットラック など

研究・教育・利用状況

開設当初からトレーニング、運動生理学、体力測定の実践的な研究・教育が行われていた。2006年度の配置転換以降はアスレティックトレーナー、ストレングス&コンディショニングに関わる分野の研究スペースとした活用しており、現在はスポーツ選手のトレーニング実験や測定評価、コンディショニングに関わる研究を中心に実施している。

具体的な研究テーマとしては、「水中プライオメトリックトレーニングと陸上プライオメトリックトレーニングの効果」、「ウォーミングアップ後の過ごし方がその後のパフォーマンスに及ぼす影響」、「女子柔道選手の減量期間が減量後に及ぼすパフォーマンスについて」、「ストレッチポールを用いた肩甲帯エクササイズが肩関節柔軟性改善に及ぼす効果」などが行われている。

2006年までは運動生理学や体力測定に関わる『人体基礎実習』などの実習授業に使用する多目的に活用していた。2007年からは2006年までと同様に運動生理学や体力測定に関わる実習授業として活用しつつ、学内スポーツ医科学サポートシステムの一環として行われている、リコンディショニングサポートをする実習室兼実験室として活用している。

内容としては、スポーツドクターによる診察、アスレティックトレーナーによるアスレティックリハビリテーションをしながら学生トレーナーが選手のリコンディショニングサポートを行っていながらリコンディショニング、コンディショニングに関する研究活動を同時に行っている。

主な研究成果

著書
  • 山本利春著『知的アスリートのためのスポーツコンディショニング』山海堂,2004.
  • 山本利春 編『競技特性からみたリハビリテーションとリコンディショニング』文光堂,2014.
  • 長谷川博・山本利春 監訳『リカバリーの科学』NAP,2014.
論文・学会発表
  • 笠原政志ら:「反復性肩関節脱臼術後の柔道選手の競技復帰までの実践報告」『第8回肩の運動機能研究会』(山形)2009.
  • 笠原政志ら:「大学野球選手の体力特性」第22回日本トレーニング科学会、(愛知)、2009.
  • 笠原政志ら:「反復性肩関節脱臼術後の柔道選手の競技復帰までの実践報告」第8回肩の運動機能研究会(山形)2009.
  • 笠原政志ら:「大学弓道選手における体力特性」『武道・スポーツ科学研究所年報』第15号,p.74-80,2010.
  • 笠原政志ら:「競技復帰に関するスポーツドクターとアスレティックトレーナーの意識調査」『国際武道大学紀要』,28:44-45,2013.
  • 清水伸子ら「大学女子柔道選手における膝関節靭帯損傷予防プログラム導入の事例報告」『千葉スポーツ医学研究会雑誌』,9:15-17,2012.
  • 竹田京平ら「下肢ディトレーニング中の有酸素能力維持向上を目的とした上肢トレーニングの有効性」『第67回日本体力医学会大会』(岐阜).2012
  • 下薗聖真ら「ウォーミングアップにおけるスピードリハーサルの有無がパフォーマンスに及ぼす影響」『日本フットボール学会10th』(東京),2012
  • 清水伸子ら「柔道選手の競技復帰と肩関節障害」『第10回肩の運動機能研究会』(京都).2013
  • 剱持佑起、笠原政志ほか:スポーツ現場でのアイシングの活用の科学,トレーニング科学25(1):3-10,2013.

実験室等の紹介TOPに戻る

このページの先頭へ