大学案内

教員紹介

魚住 智広

魚住 智広
( ウオズミ トモヒロ / UOZUMI Tomohiro )

所属

体育学科 助教

担当指導クラブ
専門分野

スポーツ社会学

取得学位

博士(教育学)

所属学会
・日本スポーツ社会学会
・日本部活動学会
主な業績・指導実績
(1) 研究業績・論文
【論文】
魚住智広, 2020, 『小規模の部活動における活動形成の論理:北海道の高校サ
 ッカー部での参与観察をもとに』, 博士学位論文(北海道大学)

魚住智広, 2018, 「運動部活動と対外試合への参加条件に関する社会学的分
 析:札幌地区の高校サッカー大会を事例に」, 『北海道大学大学院教育学研究
 院紀要』133, 1-22

魚住智広, 2017, 「小規模の運動部活動はいかにして存続するのか:生徒の分
 極化に着目して」, 『スポーツ社会学研究』25(2), 55-69


【学会発表】
Tomohiro Uozumi, 2018, The Japan Football Association and its
  player development program: The process of gaining legitimacy,
  International Sociology of Sport Association, Lausanne, Switzerland

Tomohiro Uozumi, 2017, Carrying around relationships in pocket:
  The impact of social networking service use on Japanese school
  sports, International Sociology of Sport Association, Taoyuan, Taiwan

・ Tomohiro Uozumi, 2016, Japanese school sport as a space for
  “sociability”: Transformation of suburban Bukatsudo and students’
  strategies to maintain their club, International Sociology of
  Sport Association, Budapest, Hungary
魚住智広, 2016, 運動部活動で形成される生徒文化, 日本スポーツ社会学会,
 
東京
・Tomohiro Uozumi, 2015, Transformation of Japanese school sports in
  the age of neo-liberalization: Emerging structural tension between
  Bukatsudo and privatized sports clubs, International Sociology of
  Sport Association, Paris, France
魚住智広, 2015, 高校サッカー界における公立高校サッカー部の変容, 日本
  スポーツ社会学会, 大阪


(2) 著書

(3) 指導歴(含む競技歴)
【競技歴】サッカー(2000年〜2011年)

【指導歴】
札幌市立旭丘高等学校サッカー部コーチ(2011年〜2013年)
北海道立A高等学校(調査校)サッカー部コーチ(2015年〜2018年)
社会活動

このページの先頭へ