大学案内

教員紹介

小林 啓三

小林 啓三
( コバヤシ ケイゾウ / KOBAYASHI Keizo )

所属

体育学科 特任教授

担当指導クラブ
専門分野

生理学、運動生理学
(身体運動が生体に及ぼす影響を生理学的・生化学的手法を用いて分析する。特に、発育期や加齢に注目して)

取得学位

医学博士

所属学会
・ 日本生理学会
・ 日本体力医学会
・ 日本運動生理学会
主な業績・指導実績
(1) 研究業績・論文
・ 若年期の自発運動が成熟ラットの
 筋・骨格系の発育発達に及ぼす影響(第3報)
 武道・スポーツ科学研究所年報11:181-189,2006
・ 長期間の自発運動がpQCTによる
 成長期ラットの脛骨骨量に及ぼす影響
 体力科学 53,107-114,2004
・ Age-Related Differences in the Effect
 of Running Myosin Isozyme Composition in Rats.
 J.Gelontol.57A(9) B339-343,2002
・ Lack of effect of running-training at two intensities
 on cardiac myosin enzyme composition in rats.
 J.J.Physiol.50(6) 577-583,2000
・ Effects of oleic acid on the electrical activities
 in sino-atrial node, papillary muscle and perfused heart.
 Jikeikai Med.J. 32,63-76,1985 (学位論文)

(2) 著書
・ 図説「からだの事典」 共著 朝倉書店 1992年
・ 運動処方の基礎と実際 訳本 廣川書店 平成6年

(3) 指導歴(含む競技歴)
社会活動

・ (財)日本障害者スポーツ協会公認 障害者スポーツ指導者(中級スポーツ指導員) 養成講習会講師
・ 日本体力医学会評議員
・ 第19回千葉県私学教育研究集会保健体育科研修会講師

このページの先頭へ